fbpx

作業指示書を生産管理の仕組みとして扱う

今日は、栃木県にある会社様とお打ち合わせの時間をいただきました。ご紹介いただいたお客様になります。これまで生産管理システムを入れたいと思っていたが、高額過ぎて合わない。生産管理システムをどうにかしたいという思いがあり、ご相談をいただきました。

お話を詳しく伺うと、こちらの会社は特殊印刷をされている会社様でした。Microsoft365(PowerApps)ですぐにアプリができるところまでご紹介しました。その際にどんな情報を取得する必要があるのか、またデジタル化するうえで工程を変えることはできるのかというお話をしました。ユーザーに工程を変える相談ができるかもしれないというお話も出てきました。

一通りお話をすると作業指示を管理できるようになりたいというアイディアが出てきました。受注した後に作業指示を適切にメンバーに伝達し、管理する仕組みが必要になるそうです。

当初生産管理という言葉で呼ばれていましたが、深く伺うと作業指示の管理というお話になりました。対話を重ねると違ったところに課題があるということがわかります。

お客様の方からも「相談することで見えてきた」と回答をいただきました。継続してご相談いただけるように、今後もお話を伺いたいと思います。

「お役立ち」資料
特に「DXの推進」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「サービス」資料
弊社サービスの無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時