株式会社ジャパン・エンダストリアルでは、Microsoft製品を用いたDXに役立つアプリ・システムを共同開発しています。ここでは、内田精研様と弊社で開発した「治具管理アプリ」についてご紹介します。

導入したお客様の声

導入企業           

内田精研有限会社
https://uchida-seiken.com/

導入部署と利用者        

管理 :製造部
利用者:製造部従業員

従業員数:15名

導入の背景          

従来は指定の棚に治具を保管するルールがあったものの、「誰が」、「いつまで」、「どの」治具を利用するのか管理されていなかった。そのため現場で利用したい治具を見つけるまでに、かなりの工数がかかっていた。

システムについて

システム概要         

Power AppsとSharePointリスト、PowerAutomateの組み合わせでアプリを開発した。
操作方法
1.使用したい治具をリストから選択肢から選ぶ
2.返却する際に、返却ボタンを押す

工夫した点
1.返却する際に、指定の棚の場所を表示するようにした。間違いを防止する目的で開発した。
2.1週間経過するとリマインドでチャット(Teams)に通知が飛ぶようになっている。

システムUI

開発期間           

7ヶ月(2023年5月~2023年12月)
(開発よりも治具を保管する棚の整理と管理のルールで時間がかかった。システムの開発はおよそ2ヵ月程度。)

開発者            

織田 ルミ / 株式会社ジャパン・エンダストリアル
https://emdustrial.co.jp/member/

鈴木氏 / 内田精研有限会社(現場従業員)
https://uchida-seiken.com/

使用したプロダクト   

  • Microsoft製品:ライセンスはMicrosoft Business Standardを契約
    • Power Apps(Link
    • Power Automate(Link
    • Share Point(Link
    • Teams(Link

お問い合わせ

本システムに関する詳しいご説明を希望される場合や導入のご相談、その他DXに関するご相談がございましたら、お気軽に下記ボタンよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

※別のタブが開きます