SBD Automotive、「ADASおよび自動運転車市場予測2020 – 米国」を発行

米国市場の2026年までのADAS普及予測レポート

SBD Automotiveジャパン(以下、SBD Automotive)が8月4日、「ADASおよび自動運転車市場予測2020 – 米国」を発行したと、8月28日に発表しました。

今回、2026年までの米国市場におけるADASの普及予測を、ADAS技術・機能別、OEM別、SAEレベル別で掲載した同レポートを発行。1990年代に市場に登場したADASですが、米国では2018年5月以降全ての新車にバックモニターカメラ装着が義務付けられ、実質的な成長を遂げています。

同レポートでは、各ADASシステムの機能別販売量・搭載率・技術別販売量・年間収益を検証。機能別および技術別の年間搭載率については自動車メーカー単位で検証しました。

「衝突回避」や「死角モニタリング」システムなどが対象

同レポートでは上記成長予測に対するSBD Automotiveの見解なども掲載。米国市場のOEM別のADAS普及状況予測や、SAEレベル3およびレベル4の2032年までの市場予測も確認ができます。

「前方衝突警告」や「衝突回避」、「リヤクロストラフィックアラート」、「車線逸脱警報」、「死角モニタリング」などが対象システムとなっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SBD Automotiveジャパン 「ADASおよび自動運転車市場予測2020 – 米国」
https://www.sbdautomotive.com/

SBD Automotiveジャパンのプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000221315/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時