Research Nester Private Limited、自動車用センサー市場の需要分析や今後の展望を調査

安全性と快適性を提供する自動車センサーの需要が増加

Research Nester Private Limitedは9月2日、調査レポート「自動車用センサー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」を発刊したと発表しました。

同社は戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーとして今回、自動車用センサー市場の需要分析や今後の展望を調査した同レポートを発刊。市場シェアの比較やBPS分析などに加え、需要と供給のリスクや前年比の成長を比較したデータなどの確認が可能です。

自動車センサーはアンチロックブレーキシステムやステアリングシステムなど、様々な自動車機器やシステムに活用されており、ドライバーを含めた乗員に安全性と快適性を提供するため、今後も需要の増加が見込まれています。

2017年から7年間でCAGR7.8%増加との予想も

現在の自動車センサーは従来よりも安価であり、今は自動緊急ブレーキやアクティブクルーズコントロールなどといった安全機能により多く活用されています。自動車産業はコネクテッドテクノロジーと自動車センサーの需要の増加によって、世界最大の産業となっています。

そのため、世界の自動車センサー市場は2017年から2024年までの7年間でCAGR7.8%になるとされているほか、市場規模は457.6億ドルになると予想されています。

(画像はResearch Nester Private Limited ホームページより)

▼外部リンク

Research Nester Private Limited
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedのプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000221762/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時