OKI、「ローカル5G支援サービス」の販売を開始 DXの社会実装を推進

無線局免許申請手続きや専門的知識が必要に

OKIは11月17日、DXの社会実装推進に向け、ローカル5Gの導入を支援する「ローカル5G支援サービス」の提供を2020年12月から開始すると発表しました。

同社の強みとする「AIエッジ」も組み合わせて、企業や自治体のDXを推進する考えです。

企業や自治体では、独自の無線局「ローカル5G」を開設し、5Gサービスを自営ネットワークとして活用することへの期待が高まっています。

しかし、ローカル5Gの自営無線システムを導入するには、無線やIoTに関する高度な専門知識とともに導入・運用に関するノウハウも必要となります。

「ローカル5G支援サービス」の内容

今回、OKIが販売する「ローカル5G支援サービス」は、このような無線局免許申請などの手続きが不要となり、専門的知識が無くともスムーズな導入を可能にするというものです。

具体的なサービス内容は、総務省への免許申請手続きを支援する無線局免許申請支援サービス、無線通信環境確認サービス、無線ネットワーク設計サービス、システム構築サービスです。

なお、同サービスの価格は個別見積もりとなっています。

(画像はOKIホームページより)

▼外部リンク

OKIプレスリリース
https://www.oki.com/jp/press/2020/11/z20084.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時