NTN「複列磁気リング」に1/2サイズの小型シリーズ登場

小型化ニーズに対応!コンパクトな角度センサが登場

NTNは9月2日、同社の「複列磁気リング」に、新ラインナップとして小型タイプの「32/31極対シリーズ」を開発・発売したと発表しました。

「複列磁気リング」は2018年に「64/63極対シリーズ」として発売された、薄型・軽量・高精度の角度センサです。

ロボットの関節部やモータなどの回転装置の角度検出が、高精度に実現できるとして好評を得てきましたが、ユーザーから小型化のニーズが高まっていました。

サイズ・重さは従来品の約半分

「32/31極対シリーズ」は、64/63極対シリーズの高精度な検出機能はそのままに、大幅にコンパクト化されています。

64/63極対シリーズと比べ、外径は約半分にサイズダウンしており、重さも既存の市販品と比べて、約半分に軽量化されました。専用の磁気センサICと組み合わせれば、最大19bit(分解能:約0.00068度)の高精度な検出が可能です。

これまでのシリーズと同様に、振動・高温・塵埃・油ミストなどに対する環境耐性にも優れています。

同社は今後、新たな事業領域のひとつとしてロボット関連およびセンシング事業の強化を進めていく方針です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTN株式会社のプレスリリース
https://www.ntn.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時