MoT、次世代AIドラレコサービスで「急後退検知」をデフォルト機能として追加リリース

AIによる危険シーン検知7項目に新しく追加

株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)が9月1日から、「DRIVE CHART」で「急後退検知」をデフォルト機能として追加リリースしたと、8月31日に発表しました。

MoTはタクシー事業者などへの配車システム提供など、モビリティ関連事業を展開している会社です。今回、同社が提供する次世代AIドラレコサービス「DRIVE CHART」に、「急後退検知」をデフォルト機能として追加リリースしました。

同サービスの導入企業3社の実績から事故全体の約40%にあたる「後退事故」を、AIによる危険シーン検知7項目に、「急後退検知」をデフォルト機能として新しく追加することで、急後退が検知された際の場所及び車内映像がレポートで提供され、後退事故の要因や発生時の傾向分析が可能。車載機器のソフトウェアアップデートのみで利用できます。

「DRIVE CHART」の契約車両数は約1.5万台

「DRIVE CHART」は、タクシー・営業車・長距離トラックなどといった事業の現場で活用されている交通事故削減支援サービスで、契約車両数は約1.5万台にも上っています。

ドライブレコーダー・ベースの専用車載機器からの各種データで、急減速・加速や速度超過、脇見などといった交通事故につながる危険シーンを自動検知することで、危険運転因子を可視化。ドライバー自身が認識できていない危険運転に気づくことが可能となります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Mobility Technologies プレスリリース
https://mo-t.com/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時