KCCS、ローカル5G商業化に向けてサムスン電子と協業

KCCSとサムソン電子がローカル5G提供でタッグ

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は10月21日、サムスン電子と協業すると発表しました。日本国内におけるローカル5Gソリューションの提供が目的です。

サムスン電子はローカル5G基地局設備および、効率的なローカル5Gネットワークの構築と運用を支援する「クラウド型コアネットワーク」と、「リモート管理機能」を提供します。

KCCSは基地局の設置工事、免許申請支援からネットワーク構築、アプリケーションまでの一貫したローカル5Gソリューションの提供を担当します。

さらに日本国内の製造施設にローカル5Gネットワークを構築し、スマートファクトリー実現のための5Gネットワークソリューションの実証も行う予定です。

ローカル5Gの可能性を検証し実用化を目指す

今回の協業でKCCSは、長年培ってきた“セルラーネットワーク構築”および“システムインテグレーション”の知見を基に、サムスン電子の5G商用サービスの技術の活用が可能になりました。ローカル5Gの検証を行うことで、各産業分野へのネットワーク構築の実用化が加速しそうです。

サムスン電子ジャパンのネットワーク事業本部長である岩男 恵常務は、

サムスンのローカル5Gネットワークは、さまざまなビジネスの展開シナリオに適合するように設計されています。KCCSとの協業による実際のユースケースを通じて、5Gがビジネスをどのように変革していけるかを証明できることを期待しています
(プレスリリースより)

とコメントしています。

(画像はKCCSのホームページより)

▼外部リンク

京セラコミュニケーションシステム株式会社のプレスリリース
https://www.kccs.co.jp/news/release/2020/1021/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時