JVCケンウッド、新たな車載用FIRカメラシステムを開発

優れた映像技術で夜間の遠方撮影や画像認識を可能に

株式会社JVCケンウッド(以下、JVCケンウッド)が、新たな車載用FIRカメラシステムを開発したと、12月23日に発表しました。

JVCケンウッドはビデオカメラやドライブレコーダーなどで、高い評価を獲得しているが、その映像技術を活かして今回、光源の有無にかかわらず夜間の遠方撮影や画像認識を可能にする車載用FIRカメラシステムを開発。

Lynred社のマイクロボロメーターセンサーを使い、2社が協力して独自アルゴリズムの画像補正技術を搭載することで、遠赤外線画像の高画質化を実現。カメラの部分は、住友電気工業株式会社と共同開発し、小型ながら耐衝撃性や耐候性を備えた車載用小型レンズユニットを搭載しました。

認識システムとカメラシステムを汎用CPUに同時搭載

車載用FIRカメラシステムでは、認識システムとカメラシステムを汎用CPUに同時搭載することで、100メートルを超える遠方人物認識を可能にし、夜間の人物・動物を認識して警告を行います。

同認識システムは、車載分野以外にもセキュリティ関連やヘルスケア用途など、様々な分野への転用が可能。JVCケンウッドは今後も、それぞれの市場特性に合わせてシステムラインアップの拡充や、ほかのセンシングデバイスなどと組み合わせて、新たなカメラソリューションを提案していく意向を示しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社JVCケンウッド プレスリリース
https://www.jvckenwood.com/

株式会社JVCケンウッドのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000045133.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時