Basler社の産業用カメラにソニー製CMOSセンサーを搭載した新モデルが登場

CMOSセンサーへの切り替えに

株式会社リンクスは、2020年8月からBasler社の新ラインナップ「ace 2」に、ソニー社製CMOSセンサー「IMX334・IMX392」を搭載した24の製品を提供しています。

Basler社は「モジュールコンセプト」という新しい概念で、開発期間や工数を圧倒的に短縮し、多品種生産を行う、産業用カメラのトップシェアメーカーです。

デジタルカメラが光を電気信号に変換するためには、従来CCDが使われてきましたが、近年CMOSセンサーが登場し、小型化、低消費電力化、高速読み出しを実現しています。

製造業の工場設備においても、従来のCCDセンサーからCMOSセンサーへの切り替えを検討している企業は多く、この新製品は従来品からのアップグレードを可能にします。

2つの新機能を搭載

Basler社「ace 2」は、「ピクセルビヨンド」「コンプレッションビヨンド」の2つの新機能を搭載しています。

「ピクセルビヨンド」はビニング係数として整数以外に小数点以下の数値も指定でき、ビニングによるデータ量の低減、フレームレートの向上、露光時間の短縮、画像の明るさの向上など、多くのメリットがあります。

「コンプレッションビヨンド」は、カメラの内部で画像データの重複部分を除外し、画像データを直接圧縮、より効率的な画像取り込みが可能になりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社リンクスのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000064798.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時