AI導入を加速させる異常検知ソリューションがバージョンアップ

多様なデータの特性を分析

ブレインズテクノロジー株式会社は2020年9月14日、異常検知ソリューションの新バージョン「Impulse 2.0」の提供を開始しました。

Impulseは業界トップのAI分析・運用実績のノウハウを搭載し、オートモデリング機能に特許取得技術を採用することで、生産工程などで発生する多様なデータの特性を分析し、「お客様の現場で鍛え上げられた」学習モデルを作成・運用することができます。

Impulseは現在、製造業・建設業・IT事業者を中心に、100社、12,000モデルを超える機械学習の運用を支えています。

簡単・高速・高精度に

今回のバージョンアップで、ユーザーはAIと対話しながら、これまでよりも簡単にデータ加工・整理からモデル運用まで進めることができます。

さらに、AI分析のノウハウを組織で共有し、次の分析をより高速化・高精度化することも可能になりました。

同社はImpulseのメジャーバージョンアップは企業のAI導入を加速させる非常に大きなリリースだとして、今後オンラインセミナーの開催や展示会への出展を予定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブレインズテクノロジー株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000014739.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時