AI外観検査システムを提供するMENOUが約8000万円資金調達

AI外観検査システムの進化を加速させる

株式会社MENOUは2020年9月28日、DEEPCORE、シーシーエス、三菱UFJキャピタルから約8000万円の資金調達を行い、検査AIをノーコードで開発するソフトウェアMENOU-TE(メノート)の機能拡張を進めると明らかにしました。

現在、製造現場の課題となっている熟練技能者の高齢化、労働人口の減少などを早期解決する観点から、専門知識がなくとも高度なAI外観検査システムを社内開発するため、MENOU-TEの機能拡張を加速させ、応用範囲を拡げることを目的としています。

検査AIをノーコードで開発

MENOUでは2019年の設立し、熟練した目視検査員の手法を模した高速・高精度のAIソリューションを開発、多くの製造業へ提供しています。

ディープラーニング技術は進化し、AIでも検査は理論上可能とされていますが、実際の導入には多くの障害が残ります。

AI導入の障害を取り除くためのMENOU-TEは、プログラミングをせずにマウス操作など容易な操作のみでソフトウェアの開発を行う手法を用いて、短時間かつ費用を抑えたソフトウェア開発を実現します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社MENOUのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058407.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時