ABB、狭いスペースで使用できる新・小型6軸産業用ロボットを発表

より小型・高速・パワフル

スイスの大手産業用ロボットメーカーABBは9月15日、小型の6軸産業用ロボットシリーズに、より小型で高速・パワフルなロボットIRB1300を追加したと発表しました。

フットプリント220mmx220mm

今回のロボットは狭いスペースで使用できるよう小さく設計されました。大きさは従来のロボットIRB1600より83%小型化、60%軽量化され、フットプリントもわずか220mmx220mmです。これにより、限られたスペースにより多くのロボットを配置できるようになりました。

さらに、重量物や複雑で不規則な形状のワークもすばやくハンドリングできるため、サイクルタイムも27%向上しました。これにより、生産性と柔軟性も向上させることができるとしています。

新ロボットの使用用途は、マテリアルハンドリング、マシンテンディング、研磨、組立、パッケージ商品の加工、包装、物流などです。

ロボットの可搬重量とリーチの組み合わせは、11kg/0.9m、10kg/1.15m、7kg/1.4mとなっています。このうち、0.9mリーチに対する11kgの可搬重量は、同クラスにおけるどの競合ロボットよりも勝るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ABBプレスリリース
https://new.abb.com/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時