A.L.I.、EVなどのCO2排出削減量をブロックチェーンに記録するシステムを構築

ブロック生成時に排出される演算機の消費電力を削減

株式会社A.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)が、ユビ電株式会社(以下、ユビ電)と共同でEV及びPHEVのCO2排出削減量をブロックチェーンに記録するシステムを構築したと、8月25日に発表しました。

A.L.I.は公開ブロックチェーンネットワークのイーサリアムと、HYPERIAが独自開発・運営する次世代型ブロックチェーンのRHEIAを並行動作させ、耐改ざん性を損なうことなく、ブロック生成時に排出される演算機の消費電力を抑えられるハイブリッド型ブロックチェーンシステムを構築。

EVやPHVと、ガソリン車比のCO2排出削減量を取りまとめるユビ電によるIoTプラットフォームと掛け合わせ、同削減量をブロックチェーンに記録するシステムを構築しました。

CO2排出削減量をスマホのアプリからも確認が可能に

同システムは三菱自動車工業のアウトランダーPHEVや、テスラやジャガーなどのEV・PHEVに対応するものとして構築され、対応車種も順次拡大される予定です。

2020年内には、IoTプラットフォームとEVやPHVの走行距離・給電量などといった車両情報を連携させることで、CO2排出削減量をスマホのアプリから確認が可能になります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社A.L.I. Technologies プレスリリース
https://ali.jp/2020/08/25/5682/

株式会社A.L.I. Technologiesのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000032209.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時