電子情報産業の世界生産規模、2021年は3兆ドルの大台へ

2021年の世界生産額は過去最高を更新の見込み

電子情報技術産業協会(JEITA)は12月16日、「電子情報産業の世界生産見通し」を発表しました。

世界の電子情報産業の生産規模と、世界における日系企業の位置づけを把握することを目的として、JEITA会員各社を対象としたアンケート調査の結果を取りまとめて推計したレポートです。

レポートによると、2020年における電子情報産業の世界生産額は、対前年比2%増の2兆9,727億ドルとなる見込みです。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、電子機器の需要は減速しました。

しかしながらテレワークやオンライン授業の普及によるパソコン需要の増加、データ通信量の急増を背景に、データセンター向け半導体需要、データ活用の高度化によるソリューションサービス需要が増加したことから、生産額の減少は食い止められそうです。

2021年は、感染再拡大の懸念など先行きの不透明感はあるものの、「密」と「接」を軽減するためめのITリモートの活用が増加し、ソリューションサービスは大幅な需要拡大が予想されます。

また自動車需要の回復や環境対応、5G端末の普及などによる、電子部品・デバイスの伸長も期待されるところです。

これらのことから世界生産額は、対前年比7%増の3兆1,756億ドル。初の3兆ドルの大台に乗り、過去最高を更新する見通しです。

日系企業の生産額もプラス成長へ

2020年の日系企業の世界生産額(海外生産分を含む)は、対前年5%減の35兆1,684億円。国内生産額も対前年比5%減の、9兆7,896億円となるでしょう。

今後は「密」と「接」を軽減するために、ITリモート技術の導入が進むことから、IoT機器やソリューションサービスの需要拡大が見込まれます。また電子部品・デバイスも、5GやEV化などで日系企業の高性能部品に対するニーズが高まることでしょう。

このような状況から、2021年の日系企業の世界生産額は、対前年比3%増の36兆2,877億円。国内生産額は、前年比4%増の10兆1,453億円と、プラス成長に転ずる見通しです。

(画像はJEITAのホームページより)

▼外部リンク

一般社団法人 電子情報技術産業協会のプレスリリース
https://www.jeita.or.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時