簡単設定でシステム構築、FA現場に強いUHF帯RFIDリーダライタが登場

特定小電力型も近日発売

株式会社マーストーケンソリューションは2020年9月24日、UHF帯RFIDリーダライタ「MRU-F5100JP」を発売しました。

「MRU-F5100JP」は高出力型で(免許局)無線機器の登録申請が必要となりますが、無線局申請不要な特定小電力型「MRU-F5025」も近日発売を予定しています。

電波を発してデータの読み取りを行うRFIDリーダーは数cmの近さから、十数メートル離れたタグまで一括で読み取れることができる自動認識システムです。

工場全体の自動化システムが進む製造現場で業務効率の改善のため近年急速に採用されています。

自律動作で設定が簡単

MRUシリーズはデータの送信先などの情報を設定すれば、電源を入れるだけで読み取り動作をスタートするので自律モードを搭載しています。

パソコン等から複雑なプログラムでコントロールする必要がなく、制御用の上位システムを開発する手間を省いてUHF帯RFIDリーダライタを導入することができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社マーストーケンソリューションのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000009377.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時