日立AMSとホンダ系3社の統合新会社、「日立Astemo(アステモ)」に

新商号と事業ブランドを決定

2019年に経営統合を発表していた日立オートモティブシステムズ(以下、日立AMS)とホンダ系部品メーカーである日信工業、ショーワ、ケーヒンの3社は10月19日、統合会社の商号を「日立Astemo (アステモ)株式会社」とすると発表しました。

また、Astemoの文字をデザインした事業ブランドも新設しました。

経営統合は今年度中の完了を予定し、統合後は日立グループの一員として日立ブランドを使用するとしています。

統合でメガサプライヤーを目指す

自動車・二輪車業界は電動化や自動運転など100年に1度の大変革時代を迎えて競争が激化しています。

サプライヤーにおいても枠組みを超えたソリューションの提供が求められていることから、4社は2019年10月30日、経営統合を発表していました。

統合会社の商号Astemoは、「Advanced Sustainable Technology for Mobility」の頭文字をつなげたものです。

『先進的かつ持続可能な社会に貢献する技術を通じて、安全・快適で持続可能なモビリティライフを提供する』(プレスリリースより引用)

という企業の意思を表現したとしています。

統合会社は、ホンダ系3社の優位な技術と日立AMSのコア事業を組み合わせることで、モビリティ業界の技術をリードする世界的規模のメガサプライヤーを目指すとしています。

(画像は日立AMS ホームページより)

▼外部リンク

日立AMS・日信工業・ショーワ・ケーヒン ニュースリリース
https://www.hitachi.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時