日本ゴア、トヨタの新型MIRAIに「ゴアセレクト(R)メンブレン」を提供

前世代製品比で厚さを30%低減、高い耐久性も

日本ゴア合同会社(以下、日本ゴア)が、トヨタの新型MIRAIに「ゴアセレクト(R)メンブレン」を提供し、プロトン交換膜(PEM)として採用されたことを、12月10日に発表しました。

日本ゴアがトヨタ自動車株式会社に「ゴアセレクト(R)メンブレン」を提供するのは、2014年発売の第1世代MIRAIに続き2回目となり、今回は前世代製品比で厚さを30%低減し、高い耐久性と性能を実現しました。

量産設備などで新型MIRAIの生産規模拡大をサポート

日本ゴアは新しい量産設備と合理化したサプライチェーンを通じて、新型MIRAIの生産規模の拡大や、燃料電池自動車の開発をサポートしています。

今回提供した「ゴアセレクト(R)メンブレン」は、EUのREACH規則に準拠しており、自動車業界において信頼の高いグローバルな技術主導型企業となっています。

世界の自動車産業が環境に優しい自動車の開発・普及に努め、クリーンエネルギーとして水素が重要視されている中、同社のPEM技術は燃料電池自動車の商業化を実現するほか、自動車の動力源をクリーンエネルギーへ移行させることにも寄与。同社の燃料電池部材は、既に数多くのアプリケーションに採用されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本ゴア合同会社 プレスリリース
https://www.gore.co.jp/

日本ゴア合同会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000012374.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時