新時代に対応!MONETのMaaS用商品第1段ついに登場

様々な用途に使える車両とウィズコロナ対応キット

都市部の渋滞や高齢者の事故、ドライバー不足など、車での移動に関するさまざまな課題を解決するために、モビリティサービスへのニーズが高まっています。

このような状況を受けてMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は8月27日、「MONET MaaSコンバージョン」の第1弾を発表しました。

「MONET MaaSコンバージョン」とは、MaaS(Mobility as a Service)向けの架装車両や架装キットです。

今回その第1弾として「マルチタスク車両」と、「パーソナルベンチレーションキット」の2種類を開発し、同日から企業や自治体を対象に受注を開始しました。

「マルチタスク車両」は、複数のレールを活用した独自のフロア構造を採用しています。後部座席の取り外しや移動、テーブルの設置などが、工具を使わずに簡単に行える架装車両です。

電源や照明、テーブル、モニターなど(一部オプション)を装備しており、移動先での商談スペースやオフィスとしての利用、物販や行政サービスの提供など、さまざまな用途で活用できます。

「パーソナルベンチレーションキット」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて開発されました。車内でのパーソナルスペースの確保と、換気に配慮した架装キットです

こちらの商品は主に、地域のオンデマンドバスや通院・通勤用シャトルバス、旅館の送迎車などでの使用を想定しています。

ソフトバンクとトヨタがタッグを組んでMaaSを提供

MONET Technologiesは車での移動に関するさまざまな課題を解決するために、ソフトバンクとトヨタなどが共同出資を行って2019年に設立されました。

「MONET MaaSコンバージョン」と、データ基盤やAPIなどを備えた「MONETプラットフォーム」を提供することで、人の移動だけにとどまらず、小売・医療・観光・行政などさまざまなサービスの移動を、車両とシステムの両面から支援するためのモビリティサービスの創出に取り組んでいます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

MONET Technologies株式会社のプレスリリース
https://www.monet-technologies.com/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時