帝人グループのCSP社、米国に先端技術の開発拠点開設 自動車向け複合成形材料開発

マルチマテリアルでの提案力強化を目指す

帝人グループで米国ミシガン州に本社を置くContinental Structural Plastics Holdings Corporation(以下、CSP社)は12月14日、ミシガン州に「アドバンスド・テクノロジー・センター」(以下、ATC)を開設したと発表しました。

マルチマテリアルにおける地位をより強固にするため、日本や欧州にある自動車向け複合成形材料事業の各研究開発拠点との共同開発をさらに強化するとしています。

画期的な軽量ハニカムパネルを開発

CSP社は軽量複合材料製品の生産・販売・技術開発を手がける企業で、2017年に帝人グループに加わりました。

CSPの主力材料GF-SMCと、帝人の複合成形材料および炭素繊維の知見を融合し、次世代型自動車の軽量で高強度な部品開発を推進しています。

CSP社では、ATCの最初のプロジェクトとして、これまで進めてきた画期的な軽量ハニカムパネルの開発を成功させました。

このパネルは、軽量なハニカムコア材料を、ポリウレタン樹脂を含浸させた繊維でできた外板で覆ったサンドイッチ構造をしています。

超軽量・高強度、深絞り、鋭角などの複雑な形状の成形も可能で、自動車業界の「クラスA」の美麗な外観の外板パネルへの適用など、幅広い展開が期待できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

帝人 ニュースリリース
https://www.teijin.co.jp/news/2020/12/14/20201214_01.pdf

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時