富士通、ローカル5G活用のサービスを提供開始 DXを加速

自営無線システムを導入・活用しやすく

富士通は10月8日、DX加速に向け、ローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムを活用できるサービスを同日より提供開始すると発表しました。

今回、同社が提供開始するのは、「プライベートワイヤレスマネージドサービス」と、「プライベートワイヤレスクラウドサービス」です。

プライベートワイヤレスマネージドサービスの概要

「プライベートワイヤレスマネージドサービス」は、自営無線システムの円滑な導入と業務活用を支援するというサービスです。

具体的には、PoC(Proof of Concept)、免許申請・電波測定から、設計・構築、運用・保守までをワンストップで提供するというもので、価格は個別見積もりとなっています。

プライベートワイヤレスクラウドサービスの概要

一方の「プライベートワイヤレスクラウドサービス」は、自営無線システムの通信機能と管理機能を月額で利用できるというサービスで、初期導入コストを抑えることができます。

また、4.7GHz帯スタンドアローン(以下、SA)型5G基地局も同サービスに対応するとしています。

同サービスの標準価格は税別で、初期費100万円~、月額利用料40万円~となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/8.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時