富士通、ファナック、NTTComの3社が製造業のDXを実現する新会社を設立

2021年4月からクラウドサービスを提供開始

富士通、ファナック、NTTComの3社は10月7日、製造業のDXを支援するクラウドサービス提供の新会社「株式会社DUCNET(ディーユーシーネット)」を、2020年11月に設立すると発表しました。

新会社は同月に事業を開始し、クラウドサービスの提供は2021年4月から開始する予定としています。

新会社では、参加各社のDXを支援するプラットフォーム「デジタルユーティリティクラウド」をクラウド上で提供します。このほか、強調領域におけるシェアードサービス事業や、参加企業のデジタルビジネスを支援するeコマース事業も行うとしています。

「デジタルユーティリティクラウド」構想を実現

3社は、2019年9月に製造業のDX実現のためのサービスプラットフォーム「デジタルユーティリティクラウド」構想を発表していました。

この「デジタルユーティリティクラウド」構想は、工作機械業界全体のデジタル革新を加速させ、社内業務の効率化や、顧客サービスの高度化を目指すというものでした。

同構想の実現のため、3社は業界各社で共通利用できるクラウドサービスの開発と事業運営開始に向け、共同事業体として準備を行ってきました。

(画像は富士通ホームページより)

▼外部リンク

富士通、ファナック、NTTComプレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/7.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時