安川電機のACサーボモータが出荷台数2000万台を達成

用途の広がるACサーボモータ

株式会社安川電機は2020年9月17日、8月までにACサーボモータの累積出荷台数が2000万台を達成したと明らかにしました。

同社は1983年にはACサーボモータを製品化しました。

ACサーボモータは、生産現場における装置のモーション制御に欠かせない装置として半導体・液晶製造装置や電子部品実装装置、工作機械、繊維機械、梱包装置、太陽電池パネル製造装置、産業用ロボットといった工場の自動化に貢献してきました。

現在では医療機器、アミューズメント機器、鉄道ホームの自動ドアなどにも用途が広がり、普及の進むLED照明器具の製造装置にも用いられることから、さらなる活躍の場が期待されています。

産業用ロボットの関節に

株式会社安川電機は産業用ロボット開発でも知られていますが、その関節にも同社で生産したACサーボモータが使われています。

同時に同社は生産現場における生産効率や品質の向上、トレーサビリティーの確保などスマート工場の実現に向けた取り組みを進めています。

ACサーボモータにおいても従来の高速化・高精度化という性能だけでなく、ACサーボモータ自体がセンサーとなってスマート工場を実現する要素として機能しています。

現在、デジタルデータの管理において装置内のデータを検出し、リアルタイム制御する機能を充実させており、この機能の強化・進化を進めています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社安川電機 新着情報
https://www.yaskawa.co.jp/newsrelease/news/135451

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時