安川電機など世界主要企業も紹介「協働ロボット」市場レポート

2025年までに23億1000万米ドル規模に成長

グローバルインフォメーションは11月12日、BIS Research Inc.が発行する市場調査レポート「協働ロボット(コボット) の世界市場 – 分析と予測:ペイロード・アプリケーション・販売チャネル・コンポーネント・業界への注目(2020-2025年)」の販売を開始しました。

レポートによると2020年~2025年の協働ロボット市場はCAGR30.37%で急成長する見通しで、市場規模は2025年までに23億1000万米ドルに達すると推測されています。

近年、協働ロボット市場は生産性や効率性の向上ニーズ、継続的な労働力不足の解消、協働作業場での労働者の安全確保などによって、重要性が増してきました。さらに発展途上国を中心した協働ロボットへの意識が高まりが、需要を後押ししています。

2020年現在、欧州が47%のシェアを占めている協働ロボット市場。ドイツが自動車分野で大きな市場シェアを獲得しており、欧州の成長を牽引していますが、今後はどのような展開をみせるのでしょうか。

多岐にわたる詳細な市場分析

今回発売されたレポートでは、世界の協働ロボット市場のダイナミクスや競合考察をはじめ、ペイロード別、業界別、アプリケーション別、販売チャネル別、コンポーネント別の各セグメントや、地域別に業界を詳しく分析。

主要企業のプロファイルとして、世界のトップキー企業が紹介されているのも注目です。日本企業では安川電機やセイコーエプソン、デンソーが取り上げられています。

このほかスイスのABBやデンマークのUniversal Robot A/S。ドイツのBosch Rexroth AG、イタリアのComau SPA、台湾のTechman Robot。米国ではAubo Robotics、Nachi Robotic Systems、Precise Automationといった主要企業についての情報がまとめられています。

購入検討用として、無料で利用できるレポートサンプルや試読サービスが提供されているので、まずはこちらを利用されてはいかがでしょうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

市場調査レポート | 産業用機械 – 株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/257972

株式会社グローバルインフォメーションのホームページ
https://www.gii.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時