台湾電子・半導体製造業界の動向と今後の展望を予測-ワイズ機械業界ジャーナル

台湾の機械業界に特化した日本語情報誌の最新号

台湾の台北市に拠点を置くワイズコンサルティンググループは9月3日、台湾の機械業界専門誌『ワイズ機械業界ジャーナル』の9月第1週号を発行したと発表しました。

ワイズ機械業界ジャーナルは、台湾で唯一の機械業界に特化した日本語情報誌です

最新号では「電子・半導体生産機械設備製造業のメーカー動向と今後の展望」、「自動車・二輪車用伝動部品メーカー・和大工業(HOTA)」などの情報が紹介されています。

米中のハイテク冷戦が深刻化

同紙に掲載されている「台湾電子・半導体生産機械設備製造業のメーカー動向と今後の展望—2020年上半期」によると、米中両国間のハイテク冷戦が深刻化しつつあるとのことです。

特に5月15日に米国商務省が中国の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止を強化し、米国技術を利用した米国以外の半導体メーカーの製品を規制対象にしたことで、中国のハイテク産業は大きな打撃を受けたといいます。

しかし、2021年も中国が半導体生産設備市場のトップを維持すると予想されます。米中ハイテク冷戦が深刻化する中、中国は米国による制限措置に対抗するために半導体産業への支援に力を入れており、関連設備への需要は衰えないとみられます。

詳しい内容に興味がある方は、「ワイズ機械業界ジャーナル9月第1週号」を購読されてはいかがでしょうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ワイズコンサルティンググループのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000059899.html

ワイズコンサルティンググループのホームページ
https://www.ys-consulting.com.tw/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時