古河電工、Blue-IRハイブリッドレーザ販売 電動車部品の生産性向上・省人化へ

電動車部品に欠かせない銅の溶接加工に大きく貢献

古河電工は11月16日、電動車の主要部品の生産性向上と省人化に貢献できるBlue-IRハイブリッドレーザ「BRACE」を2021年1月18日から販売開始すると発表しました。

青色DDLと近赤外(IR)ファイバレーザをハイブリッド

電動車の主要部品(電池、モータ、インバータ等)では、導体となる銅の溶接工程が必須となります。

しかし、従来のファイバレーザ単体や短波長レーザ単体による銅溶接では、欠陥の発生や加工の速さ・深度における課題がありました。

今回のハイブリッドレーザは、短波長の青色DDLと近赤外(IR)ファイバレーザのそれぞれの長所を活かして組み合わせたものです。

また、日亜化学工業と共同開発した高輝度青色LDMが搭載され、高効率なエネルギー付与が可能となるため、銅を世界最高レベルの品質・深度・速さで加工することができます。

これにより、銅の溶接工程における生産性向上と省人化に大きく寄与できるとしています。

実体験やリモートでの見学・試作も可能

同社では、このハイブリッドレーザの有効性を実体験できる試作加工ラボを2021年1月25日、同社千葉事業所内に開設する予定です。オンラインテスト環境も整え、リモートによる見学や試作も可能となります。

また、同社ホームページでも動画等でハイブリッドレーザによる加工ソリューションを紹介しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

古河電工 ニュースリリース
https://www.furukawa.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時