古河電工、超高速パルス波形制御対応レーザを開発 金属箔の高速・低熱影響切断を実現

LiB製造の生産性向上と省人化に貢献

古河電気工業は10月22日、リチウムイオン電池(LiB)の電極に使用する金属箔の切断加工に適用できる超高速変調対応レーザを開発したと発表しました。

開発されたレーザは最大250kHzのパルス波形制御が可能な超高速変調対応ファイバレーザです。

これにより、従来のレーザでは難しかったLiB製造工程における金属箔の切断加工を、高速・低熱影響で実現し、LiB製造の生産性向上や省人化が可能となりました。

同社はこのレーザの受注を2020年11月中旬から開始するとしています。

電動車普及でLiBの需要増 

LiBは、近年の世界的な電動車の普及とともに需要が高まり、LiB製造の生産性向上と省人化が期待されています。

このためLiBの製造工程へのレーザ導入が検討されましたが、LiB電極の銅箔・アルミ箔の切断加工に使用する際、従来レーザでは過剰入熱による熱影響や、連続加工ができないなどの課題がありました。

同社では、この課題解決に向け以前から、LiBの製造工程に適用できるレーザ加工ソリューションの開発を進めていました。今回の超高速変調対応ファイバレーザも、この一環で開発したとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

古河電工 ニュースリリース
https://www.furukawa.co.jp/comm_20201022.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時