住友理工、ベトナムに自動車用ホース製造新会社を設立 筋肉質の経営体質へ

サプライチェーンの多元化・分散化でリスク回避

住友理工は9月1日、自動車用ホース製造・販売の新会社をベトナム社会主義共和国に設立すると発表しました。これにより、グループ全体でより筋肉質な経営体質を確立するとしています。

同社グループでは、世界中で発生する貿易摩擦やコロナ禍にも対処できるよう、サプライチェーンの多元化や分散化でリスク回避を行っています。また、顧客への迅速な供給を可能にする地産地消の観点からも、事業拠点の見直しなどを進めています。

製造拠点 ベトナムでは2拠点目

同社グループでは、自動車用ホース事業の製品開発や供給体制を世界6極で構築し、東南アジアではベトナムに既に1拠点のほか、タイ・インドネシアにも製造拠点があります。

今回は、自動車産業がいち早く回復した中国をはじめ、需要旺盛な国々での事業拡大に向け、ベトナムに2拠点目を設けました。

新会社はハノイの中心部から北44キロにある第3タンロン工業団地内に設立し、操業開始は2022年秋を予定しています。ここではベトナム国内向けのゴムホースを製造し、2024年度にかけて順次拡大するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友理工 プレスリリース
https://www.sumitomoriko.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時