住友商事が「SCAE」を設立、自動車エンジニアリング事業に参入

自動車の各技術分野における知見などで顧客ニーズに対応

住友商事株式会社(以下、住友商事)が、自動車エンジニアリング事業に参入したと8月21日に発表しました。

自動車のデジタル化などが進み、多種多様な開発要件が生まれている中、外部パートナーとの連携が一層求められています。またそれに伴い、自動車エンジニアリングへの需要が更に増加するとされています。

住友商事はこれに対応するためSCAEを設立。グローバルネットワークを活用した対応能力・情報収集能力と、自動車の各技術分野における専門家の持つノウハウによって、需要や課題の解決に貢献します。

100年に一度の大変革期と言われている自動車業界

現在、自動車業界は100年に一度の大変革期とされ、住友商事はその背景にある現象「Shared&Services・Connected・Autonomous・Electric」の頭文字をとった名前「SCAE」の設立に至りました。

住友商事は、自動車部品・車両の製造・販売など、様々な事業展開をしており、SCAEの設立などを含めて、引き続き自動車の発展や成長に貢献していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SCオートモーティブエンジニアリング株式会社 プレスリリース
https://www.sumitomocorp.com/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時