中越パルプ工業、CNF活用の複合樹脂ペレット・マスターバッチ品の販売を開始

PDP分散性の課題解決のため事前に良分散したMB品

中越パルプ工業株式会社(以下、中越パルプ工業)が、セルロースナノファイバー(以下、DNF)を活用した複合樹脂ペレット・マスターバッチ品「nanoforest-MB(以下、MB品)」の販売を開始したと、8月28日に発表しました。

プラスチック分野においてCNFは低比重・高剛性化による軽量化が図れる補強材として自動車産業などで応用が試みられており、中越パルプ工業もCNFを用いてポリプロピレンと複合を可能にした粉末グレード「nanoforest-PDP(以下、PDP)」を提供しています。

しかし一方で、PDPには分散性の課題があり、それを事前のPPへ良分散させたMB品を開発、今回の販売開始に至りました。

衝撃強度の強化に向けて3種類のグレード品を提供

CNF複合樹脂の実用化に向けた取り組みが進められている中で、自動車産業界では衝撃強度の強化が求められていることから、中越パルプ工業は標準グレードMB品に衝撃強度を強化したグレード品の提供を開始しました。

標準グレード(1種)、衝撃タイプ・高剛性タイプ・高衝撃タイプといったラインアップになっています。今後も同社は丸紅株式会社と連携し、様々な分野での応用や実用化ができるように開発営業展開の強化を行っていきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

中越パルプ工業株式会社 プレスリリース
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/

中越パルプ工業株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063697.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時