中小製造業のロボット導入を支援、株式投資型CFを開始

電子部品の製造ラインへ自動化システムを届ける

株式会社ロボット応用ジャパンは、9月8日、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において募集による投資申込みの受付を開始することを明らかにしました。

募集期間は2020年9月12日~2020年9月14日、上限とする募集額は 40,000,000円(1口10万、1人5口まで)です。

同社は「中小企業の製造ラインの苦悩をなくす」というテーマで、事業の生産ラインに必要な自動化システム(Factory Automation以下、FA)を導入する支援およびコンサルティングを手がけています。

ロボットSIerとは?

同社の行う「システムインテグレーション(System Integration以下、SI)」は元々個別のサブシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させる業務を指し、SIを行う事業者はSIer(エスアイアー)と呼ばれています。

ロボットSIerは、ロボットを導入しようとする企業とロボットメーカーの間に入り、工程全体を設計し、ロボット・周辺機器・プログラムを組み合わせてロボットシステムとして構築する役割を担っています。

同社は中小企業などのエンドユーザーが、要領を得ていないロボット自動化に対し、技術の細分化、見える化を通じて企画を総合的に立案し、スペースの制約や仕様変更などの汎用性も兼ね揃え、製造現場での課題と向き合っています。

これまでは様々なロボットシステムメーカーと協力し、それぞれの製造現場に合うFAを考案してきました。

最適なFAを低コストかつ短納期で

今回の資金調達では、自社で直接FA導入までを行える事業展開を目指し、既存のオペレーションにとらわれない最適なFAを低コストかつ短納期で導入することで、中小零細企業の生産ラインの効率化を図り、企業の成長を目指すということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRTIMES 株式会社ロボット応用ジャパン プレスリリース全文
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000054746.html

株式会社ロボット応用ジャパン プロジェクトページ
https://fundinno.com/projects/160

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時