ローム、UAES社とSiC技術共同実験室開設 パワーソリューション開発加速

革新的パワーソリューションの共同開発を加速

ロームは12月8日、中国の総合車載Tier1メーカーUnited Automotive Electronic Systems Co., Ltd.(以下、UAES社)と「SiC技術共同実験室」をUAES本社内に開設したと発表しました。

同社とUAES社は2015年から技術交流を開始し、互いに協力してSiCパワーデバイス搭載の車載アプリケーションを開発してきました。今年はロームのSiCパワーデバイス採用の車載製品も量産化されています。

今回開設された共同実験室には車載アプリケーションのセット評価やデバイス評価ができる設備・装置などが導入されています。

両社は今後さらに協力関係を強化し、SiCを中心とした革新的なパワーソリューションの開発を加速するとしています。

SiCパワーデバイスについて

SiCパワーデバイスは、Si(シリコン)パワーデバイスに比べ、「スイッチング損失・導通損失が少ない」「温度変化に強い」などの利点があります。低損失化を劇的に実現し、電気自動車やインフラ、産業機器分野などで採用されつつあります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ローム ニュースリリース
https://www.rohm.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時