ローム、バッテリ電圧変動に強い車載プライマリDC/DCコンバータを開発

月産5万個の量産を開始

ロームは10月20日、バッテリ電圧変動に強い車載プライマリDC/DCコンバータ「BD9Pシリーズ」全12機種を開発し、10月から月産5万個の量産を開始したと発表しました。

自動車の電装化が進む一方で、自動車のバッテリ及び発電機からは限られた電力しか供給されないため、低消費電力化が求められています。また、バッテリ及び発電機から出力される電圧も大きく変動します。

しかし一般的に、安定動作に寄与する高速応答と、省エネに寄与する高い電力変換効率の両立は困難と言われていました。

高速応答と高効率を両立

今回、同社が開発した電源ICは、新制御方式を採用することで、この背反する高速応答と高効率の両立を実現しました。

新製品は、入力電圧の変動時にも安定した動作が可能で、電圧変動時の出力のオーバーシュートが一般品の1/10以下に抑制されました。これにより、オーバーシュート対策の出力コンデンサの追加が不要となりました。

変換効率は高負荷時で92%(出力電流1A時)、軽負荷時で85%(1mA時)を達成し、走行時だけでなく、エンジン停止時の低消費電力化にも寄与します。

さらに、新製品とセカンダリDCDCコンバータ「BD9Sシリーズ」の組み合わせにより、従来よりも高効率で高速な車載用電源回路を構成できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ローム ニュースリリース
https://www.rohm.co.jp/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時