マウザーがarms社のToF測距センサ用評価キットを発売

産業用ロボットのアプリケーション開発に

米国テキサス州に本社を置くマウザー エレクトロニクスは、2020年9月28日、ams社の評価キット「TMF8801-EVM」の販売を開始しました。

ToF測距センサは対象物までの距離を測定し、色、反射率、質感に関係なく、対象物を検出します。

評価キットに搭載されている「ams TMF8801 1D ToF(Time-of-Flight)」は既存のToFセンサと比べて30%以上の小型化を実現し、スマートフォン、産業用ロボット、自立型家電などのアプリケーション開発を実現します。

製造現場に最適なモジュール

評価キットにはToFセンサエンクロージャ、サンプルガラス、USB Type-A、micro-USBケーブル、USBフラッシュドライブのほか、EVM GUIソフトウェア、EVMドキュメントが含まれています。

VCSELエミッタを搭載し、20mm~2500mmの範囲で検出測定でき、高感度の単一光子アバランシェフォトダイオード(SPAD)検出とコンパクトな高速タイムトゥデジタルコンバータを使用し、暗い環境下でも太陽光下でも動作が可能です。

レーザ検出オートフォーカス(LDAF)、存在検知、産業用測距、物体・衝突回避、高速測距ナビゲーション、在庫管理など、製造現場に向けて開発されるアプリケーションに最適といえます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

マウザー エレクトロニクスのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000266.000034430.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時