ポリプラスチックス、PBT長期特性改善材料の紹介をウェブサイトで公開

ADAS関連の部品としてPBT樹脂が採用される傾向に

ポリプラスチックス株式会社(以下、ポリプラスチックス)が、「ジュラネックスPBT長期特性改善材料の紹介」をウェブサイトで公開したと、9月15日に発表しました。

自動車に先進運転支援システムの機能が進化しながら導入が増加しつつあり、それに伴う部品数も増えてきています。これらの部品は長期信頼性が求められていますが、優れた耐熱性・機械的強度などを備えたPBT樹脂が採用される傾向にあります。

そこでポリプラスチックスは耐熱性・機械的強度を損なわず、加水分解性を大幅に改善した「ジュラネックスPBT 201HR」を開発。パワーモジュール・EPSなど、GF系PBTが使用されることが多い分野に向けて、耐ヒートショック性も大幅に改善した「ジュラネックスPBT LTシリーズ」も合わせて開発、ウェブサイトで公開しました。

「LT530HR」と「LT530FR」の2種類を用意

従来自動車用コネクターには無充填PBTが使用されてきましたが、高い耐熱性・機械的強度などを備えた無充填HBのPBT「ジュラネックスPBT 201HR」を開発し、市場で高まる長期寿命部品への需要に応えます。

また、「ジュラネックスPBT LTシリーズ」には、「LT530HR」と「LT530FR」の2種類を用意。優れた耐加水分解性と耐ヒートショック性を合わせ持つGF30%のPBTとなっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ポリプラスチックス株式会社 プレスリリース
https://www.polyplastics-global.com/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時