ホンダとGM、北米で戦略的提携 プラットフォーム共有、部品の共同購買を検討

次世代技術への投資に向けコスト効率化

ホンダは9月3日、最大市場の北米にて、ゼネラルモーターズ(GM)と四輪でのアライアンス構築に向け、幅広い協業を検討する覚書を締結したと発表しました。

協業については、内燃機関エンジンと電動パワートレーンを含む車両プラットフォームとパワートレーンの共有、共同購買、生産効率などに取り組みます。

これにより大幅なコスト効率化が期待でき、次世代のモビリティ技術に投資を振り向けることができるとしています。

プラットフォーム共有・部品の共同調達でコスト効率化

両社は、複数のセグメントにおける車両プラットフォーム及びパワートレーンの共有について、2021年初めに共同作業を開始する考えです。

共同購買では、主に、部品の共同調達や物流、地域別の戦略立案などを進め、更なるコスト効率化を目指しています。

ホンダとGM、20年来の関係

ホンダとGMの関係は20年以上前から続き、燃料電池やバッテリー、自動運転モビリティサービス事業専用車などの協業に取り組んでいます。今年4月にはGMのグローバルEVプラットフォームをベースにしたHondaEVの共同開発に合意していました。

(画像はホンダ・ホームページより)

▼外部リンク

ホンダ ニュースリリース
https://www.honda.co.jp/news/2020/c200903.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時