フツパー、ローカル5Gを活用した実証実験に協力することを発表

注目のローカル5G

2020年10月1日、株式会社フツパーはサミットスチール株式会社の大阪工場で実施されるローカル5Gを活用した実証実験に協力することを発表しました。

5Gとは第5世代移動通信システムのことを意味します。超高速でありながら超低遅延、多数同時接続可能となる通信技術であり、既存の産業にこの5Gを活用するとIoT化が加速できるのではないかと期待が寄せられています。

ローカル5Gは企業や自治体が主体になり、産業や地域のニーズに応じた仕様に構築して利用可能な無線通信システムです。

製造現場の課題を解決するために

現代日本の製造現場には、人手不足および熟練技術者不足、労働環境改善など様々な課題が指摘されています。

そこで注目を集めているのがローカル5Gです。作業現場での自動化や作業の効率化を図るため、インフラとしてローカル5Gを導入しよういという試みです。

今回実施される実証実験はサミットスチール大阪工場において「AI解析を用いた目視検査の自動化」と「高精細映像伝送による遠隔からの品質確認」を実証します。

この実証実験でローカル5Gの有効性や性能評価などを行い、課題や解説策を検討します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社フツパー プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時