パナソニック、自動運転車両を活用した次世代型モビリティサービスの実証実験を開始へ

フランスNAVYA製ARMAに透明ディスプレイを搭載

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)が、三井物産株式会社や凸版印刷株式会社、株式会社博報堂、西日本旅客鉄道株式会社、万博記念公園マネジメント・パートナーズとともに、自動運転車両を活用した次世代型モビリティサービスの実証実験を開始すると、9月14日に発表しました。

同実証実験では、国内外で走行実績のある小型自動運転EV「フランスNAVYA製ARMA」にパナソニックが開発中の透明ディスプレイを搭載。「エデュケーションとエンターテイメント」をかけ合わせた造語で、楽しみながら学べる意味を持つ「エデュメント」を、新たな移動体験型サービスとして提供することを目指します。

透明ディスプレイで映像などを重ねて見る移動体験に

パナソニックの透明ディスプレイには、対話型アバターや多言語対応型アバターによるガイダンス映像を、透過して見える万博記念公園・庭園の風景と折り重ねて見ながら移動することが可能です。

これにより万博や万博記念公園の持つ魅力や潜在価値を最大限に引き出し、同公園の活性化を図ります。なお、当初は実証実験の開始が9月に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響により延期され、各社が検討を行った結果、10月23日から実施することに合意しました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パナソニック株式会社 プレスリリース
https://news.panasonic.com/

パナソニック株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003938.000003442.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時