パテント・リザルト、特許・技術「キャニスター関連技術」について調査

「総合力ランキング」の1位は「愛三工業」に

株式会社パテント・リザルト(以下、パテント・リザルト)は10月28日、特許・技術「キャニスター関連技術」について調査し、その結果を発表しました。

日本の特許庁が公開した「キャニスター関連技術」を、パテント・リザルトが特許分析ツール「Biz Cruncher」を使って参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートとして販売を開始。

同調査では、「総合力ランキング」において「愛三工業」が1位となっており、「車両に搭載する際の作業を簡単にすることのできる蒸発燃料処理装置」などが注目度の高い特許として挙げられています。

2位は「トヨタ自動車」、3位には「本田技研工業」

2位は「トヨタ自動車」で「燃料蒸気排出防止システムの異常検出装置」などが、3位には「本田技研工業」がランクインし、「メンテナンス性を高めたキャニスターの取り付技術」などが注目度の高い特許として挙げられました。

4位は「マツダ」で、「蒸発燃料の漏洩抑制と蒸発燃料濃度の学習精度向上とを両立することができる蒸発燃料処理装置」が、注目度の高い特許とされています。

5位には「デンソー」、6位以下には「三菱自動車工業」や「日産自動車」などがランクインしました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社パテント・リザルト プレスリリース
https://www.patentresult.co.jp/2020/10/canister.html

株式会社パテント・リザルトのプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000224935/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時