パイオニア、3D-LiDARを活用した「交差点監視システム」の検証を実施

中型自動運転バスの実証実験の一環として検証を実施

パイオニア株式会社(以下、パイオニア)は11月26日、パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社の開発した3D-LiDARを活用した「交差点監視システム」の検証を実施すると発表しました。

同検証は、ひたちBRT中型自動運転バス実証検討協議会の「中型自動運転バスによる実証実験」に、パイオニアが参加して実施するものです。

一般交差点の路側に3D-LiDAR「2020モデル」を設置し、交差点内外を走行する車両などを検知。自動運転バスや乗員に検知した車両などの位置情報や、進行方向を知らせるシステムの検証になります。

ラスタースキャン方式、高精細な点群データの取得が可能

3D-LiDAR「2020モデル」はラスタースキャン方式を採用しており、高精細な点群データの取得ができ、自動車への搭載だけでなく、船舶や建設機械、ロボットなど幅広い分野での使用が可能です。

同システムで得られた情報は遠隔監視者にも伝えられ、交差点への進入度合いをリスクの高さによって色分けしたグラフィックで知らせます。

パイオニアは今後、路側センサーや遠隔監視装置を活用した実証を進めていき、2022年以降の本格実装を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社 プレスリリース
https://jpn.pioneer/1126-1.pdf

パイオニア株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000637.000005670.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時