ニューノーマル時代に対応する「VPS」で業務効率化を実現

工程データを管理機能で業務効率化

富士通は8月5日、デジタルプロセスが開発した生産準備業務のデジタル化支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA デジタル生産準備 VPS(以下、VPS)」シリーズの、新バージョンを発売する。

VPSはCADで設計した製品データや製造に必要な装置や治具などの情報を取り込み、フロー作成や組立性評価、工程算出、作業指示書の作成などを仮想ラインでシミュレーションできるツール。

バーチャル空間内で実機と同様の感覚でシミュレーションすることで、品質の早期作り込み、リードタイム短縮、コスト削減を実現する。

今回発売される新たなバージョンでは、製品組み立てで使用する部品や作業手順、場所、設備、治工具、製造ノウハウといった工程データを紐付けて、蓄積・管理するBill of Process(以下、BOP)の作成機能を強化した。

BOP作成機能の強化によって、製品の組み立てに関するデータを活用した高品質かつ効率的な生産を実現する。

多品種少量生産に対応するBOP作成機能

製造業では多品種少量生産への対応で、生産方式が複雑化している。

そこで求められているのが、生産準備工程における製品組み立てに関するデータを集約したBOPの作成だ。

また、新型コロナウイルスの感染拡大・防止対策などから生じたニューノーマルにおいて、生産準備工程のデジタル化によるリモートワークの推進など、事業継続性向上の施策も求められている。

このような背景から、VPSのBOP作成機能を強化した新バージョンが開発された。

富士通は

「VPS」を通じて製造業における生産準備工程のデジタル化を促進していくことで、お客様業務のさらなるDX(デジタルトランスフォーメーション)や、新型コロナウイルスの感染拡大および防止策などから生じたニューノーマル(新常態)におけるお客様の事業継続を支援していきます
(プレスリリースより)

と、述べている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通株式会社のプレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/08/5.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時