トッパン・フォームズとKeychainが行った実証実験の結果を公開

ブロックチェーン活用の取り組み第一弾

2020年8月24日、トッパン・フォームズ(以下、トッパン・フォームズ)株式会社は合同会社Keychain(以下、Keychain)と行った実証実験の結果を公開しました。

トッパン・フォームズはこの4月からKeychainと戦略的パートナーシップ契約を結び、IoT分野においてブロックチェーンの活用に取り組んでいます。

取り組みの第一弾としてトッパン・フォームズの大阪桜井工場で実施している「感情・ストレス分析サービス」の実証実験で、ウェアラブルデバイスからバイタルデータを集めるIoTゲートウェイとクラウドの通信でセキュリティに関する実証実験を実施しました。

課題解決への大きな一歩

この実験では認証管理をブロックチェーンに記録し、他のデータは暗号化してインターネット経由で送信しました。認証基盤の構築に「Keychain Core」を利用したところ、高速かつ軽量な認証基盤と端末レベルでのセキュリティ確保を両立できることが実証されたのです。

近年、IoTデバイスが標的のサイバー攻撃が増えています。そのため、IoTデバイスの普及にはセキュリティ対策が必要不可欠になっているのです。

現在、多くの企業や団体においてセキュリティ対策はクラウドが中心であり、下位層のIoTデバイスに対するセキュリティ対策が大きな課題でした。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トッパン・フォームズ株式会社 プレスリリース
https://www.toppan-f.co.jp/news/2020/0824.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時