データリソース、「自動車向け生体認証市場の分析と予測 2021-2026年」を発刊

主要地域別に自動車向け生体認証市場の調査を実施

株式会社データリソース(以下、データリソース)は10月2日、Goode Intelligenceによる英文調査レポート「自動車向け生体認証市場の分析と予測 2021-2026年 – Automotive Biometrics Market Analysis & Forecasts 2021-2026(2nd edition)」を発刊したと発表しました。

Goode Intelligenceの予測では、自動車産業向け生体認証システムの収益が2026年までに5億6,000万ドル以上になるとしています。そこで、主要地域別に自動車向け生体認証市場の調査を実施、分析・予測を行いました。

ハードウェア向け生体認証センサ技術などについても紹介

同調査レポートでは、自動車メーカーや半導体メーカーなどの市場分析の内容に加え、パーソナライズ機能やエンジン始動などにおける用途、指紋センサなどのハードウェア向け生体認証センサ技術についても紹介されています。

また、スマートモバイル及び、スマートウェアラブル機器によるコネクテッドカー向けの生体認証予測なども実施されています。

(画像は株式会社データリソース ホームページより)

▼外部リンク

株式会社データリソース レポート
https://www.dri.co.jp/auto/report/goin/gicar10a.html

株式会社データリソースのプレスリリース(DreamNews)
https://www.dreamnews.jp/press/0000223412/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時