デンヨーとトヨタ、水素で発電する燃料電池電源車を共同開発 実証運転開始

FC電源車の実用化に取り組む

デンヨーとトヨタは9月17日、水素で発電する燃料電池電源車(以下、FC電源車)を共同開発したと発表しました。

同事業は環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けたもので、2020年9月から実証運転を開始し、今後、実用化に向けて取り組むとしています。

トヨタのFCシステムとデンヨーのFC専用給電機器を搭載

今回共同開発されたFC電源車のベースになっているのはトヨタの小型トラック「ダイナ」で、動力源には燃料電池自動車MIRAIのFCシステムが使用されています。

また、電力供給として、デンヨーが環境省補助事業により開発したFC専用給電機器と、約65Kgの水素(水素タンク27本)が搭載されています。

環境負荷物質排出ゼロ 災害対応にも貢献

現在使用されている電源車のほとんどは動力源にディーゼルエンジンを用いているため、走行時や発電時に温室効果ガスなどの環境負荷物質を排出します。

これに対し、動力源が燃料電池であるFC電源車は、環境負荷物質を排出しません。また連続約72時間の給電が可能で、発電の際には最大450lの水が生成されます。この水をシャワーなどに活用することもできるため、災害時での貢献も期待されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トヨタ・デンヨー ニュースリリース
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/33758515.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時