ダイハツ工業、予防安全機能搭載車の累計販売台数が300万台以上に

ステレオカメラで夜間の歩行者や追従二輪車の検知も

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ工業)が、予防安全機能である「スマートアシスト」の搭載車の累計販売台数が300万台以上になったと、9月7日に発表しました。

最新の同予防安全機能には新開発のステレオカメラを採用、夜間の歩行者や追従二輪車の検知が可能で、衝突回避支援機能が改善されています。

同予防安全機能は2012年12月に発売された「ムーヴ」に初めて搭載。先進デバイスを採用した軽自動車としては初めて安価で購入できるようにしました。ダイハツによれば同予防安全機能が、他社へのOEM供給車両を除き2020年8月末の時点で、搭載車両の累計販売台数が300万台以上になったとしています。

現在は軽自動車12車種・小型車4車種に搭載

ダイハツ工業は「スマートアシスト」に小型ステレオカメラを採用することで、衝突回避支援機能を改善させ、認識支援機能や駐車支援機能も追加、乗員の安全性などを高めてきました。

軽商用車である「ハイゼット」や小型商用車「グランマックス」にも採用されており、搭載車ラインアップを拡大。現在では軽自動車12車種・小型車4車種に搭載されるに至っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ダイハツ工業株式会社 プレスリリース
https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200907-1.pdf

ダイハツ工業株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000016361.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時