スペースリーが大同メタル工業とVR研修領域で業務提携

製造業向けVRクラウドソフトをリリース

株式会社スペースリーは2020年9月23日付で、大同メタル工業株式会社と業務提携契約を締結したことを明らかにしました。

今回の業務提携によって大同メタル工業株式会社は、10月1日から製造業向け『どこでもかんたんVRクラウドソフト「スペースリー」』のライセンス販売を本格的に開始します。

大同メタル工業株式会社の持つVR活用ノウハウと、自動車向けエンジン軸受世界トップシェアの実績を活かし、製造業におけるVR研修の活用をより拡大します。

製造業の課題を解決

「どこでもかんたんVR」をコンセプトにした「スペースリー」は、臨場感のあるVRコンテンツを誰でも簡単に制作できるツールです。

既に不動産住宅分野の事業者を中心に4,000事業者以上に活用され、VRの新たな活用領域としてVR研修ソフトをリリースしています。

近年求められる業務のオンライン化に伴い、研修領域にもリモート化が求められています。

特に製造業では、人材育成や技術継承が課題となる場面が多い中、VR研修を用いることで、あたかも現地で研修を受けているような能動的な体験ができるとして注目されています。

大同メタル工業株式会社はソフトの販売に先駆け、スペースリーのVR研修ソフトを活用した実証実験を行い、研修者の習熟度43%アップ、研修33%効率化という結果を得ました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社スペースリーのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000031809.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時