みちのりHD、本格的なEVバス導入に向けた実証事業を開始

効率的に充電を行うための充電管理技術の検証を実施

株式会社みちのりホールディングス(以下、みちのりHD)は11月10日、本格的なEVバス導入に向けた実証事業を開始したと発表しました。

みちのりHDは、株式会社デンソー(以下、デンソー)やABB日本ベーレー株式会社、株式会社ダイヘン(以下、ダイヘン)、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社とともに、10月から効率的に充電を行うための充電管理技術の検証を実施しています。

これは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所が2020年度に実施する「商用車を活用した物流MaaS(MaaS:Mobility as a Service)の実現に向けた研究開発・実証事業」を受注して行っているものです。会津バスのEVバスで収集したデータを、デンソーがAI技術で電費の分析などを行い、ダイヘンのSynergyLinkを搭載した急速充電器で、充電管理技術の検証を実施します。

EVバスを合理的な価格で導入・運用を目指す

同実証実験から得られた知見を活かして、みちのりHDのグループ各社の営業所にEVバスが導入できるか検討を行います。

また、将来的にはエネルギー使用量のモニタリングをすることで、電気調達の調整や運行計画立案などを行うエネルギーマネジメントシステムを構築。導入及び運用にはコストがかかるとされているEVバスを価格で導入・運用できるようにしていきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社みちのりホールディングス プレスリリース
https://www.michinori.co.jp/20201110_PR_aizu.pdf

株式会社みちのりホールディングスのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000025.000045067.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時