みちのりホールディングス、「バス出庫安全支援システム」の実証実験を実施

会津バスターミナルのバス出庫口にセンサを設置

株式会社みちのりホールディングス(以下、みちのりホールディングス)が6月1日から6月7日にかけて、「バス出庫安全支援システム」の実証実験を実施したと、9月14日に発表しました。

同実証実験ではみちのりホールディングスと会津乗合自動車株式会社、コイト電工株式会社が連携し、福島県会津若松市にある会津バスターミナルのバス出庫口に「歩行者検知センサ(ミリ波レーダ)」や「注意喚起表示装置」、「LiDAR」、「処理装置」を設置。

バス運転士にとって見えにくい接近する歩行者や自転車を検知し、注意喚起を表示した結果、歩行者の検知精度や表示タイミング・方法などについて有効性が確認されました。

車載センサに加えて道路インフラ側からの情報伝達が必要

自動運転バスの展開に向けて様々なセンサなどの実験がされていますが、安全性の向上・確保のために車載センサだけでなく、道路インフラ側からの情報伝達が必要となります。

「バス出庫安全支援システム」を導入することによって、死角から接近する歩行者や自転車などとの衝突や、急ブレーキによる車内転倒事故などの防止につながっていくと考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社みちのりホールディングス プレスリリース
https://www.michinori.co.jp/pdf/20200914_PR_aizu.pdf

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時