【IoT技術活用】製造ライン遠隔モニタリングサービスが新製品体系を発表

製造ラインのデータ取得を自動化

i Smart Technologies株式会社は2020年9月11日、4周年記念イベント「iSTC Evolution 2020」を開催しました。

同社はこの中で、昨年発表した製造ライン遠隔モニタリングサービス「iXacs(アイザックス)」の2020年9月からの新製品体系を発表しました。

iXacsはこれまで人手で行っていた製造ラインのデータ取得をIoT技術によって自動取得・自動集計するサービスです。

IoTとは、モノに通信機能を搭載してインターネットに接続・連携させる技術で、機器のサイズダウンやコストの低下により、製造現場でも急速に普及が進んでいます。

規模に合わせて選べる価格体系

iXacsの遠隔モニタリングは設備に外付けのセンサーを取り付けるだけで、素早く運用を開始できます。

生産の基本項目である「生産個数・停止時間・サイクルタイム」の3種類のデータを自動で取得することが可能です。

昨年の発表から一年が経ち、これまで顧客から受けたフィードバックを踏まえて機能改善・機能追加を行ってきました。

今回の新製品体系の要点として、同社は「選択できる2プラン制」、「基本料金と従量料金による価格体系」、「年間契約に加え月契約の受付開始」の3つを掲げています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

i Smart Technologies株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000048806.html

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時