「SOLIDWORKS PDM」と「SS4M」の連携オプションを提供開始

共同開発第1弾

2020年9月14日、スマート・スケープ株式会社は日本電気株式会社(以下、NEC)と共同開発した「SOLIDWORKS PDM」と「SS4M」の連携オプションを9月23日から提供スタートすることを発表しました。

同社とNECは昨年10月から製造業を対象とした共同開発を行っています。

今回提供スタートする機能は同社がSS4Mの連携機能を担当し、NECがSOLIDWORKS PDMの連携機能を担当して開発しました。

「SOLIDWORKS PDM」と「SS4M」

「SOLIDWORKS PDM」は3DCADデータを管理および共有し、設計生産性を向上させるためのデータ管理ソリューションです。

ファイルサーバ管理するにあたって、CADファイル関連性保持や流用設計、履歴管理、検索性向上などが課題になるのですが、「SOLIDWORKS PDM」を活用すればこれらの課題を解決することができるのです。

「SS4M」は類似形状検索システムです。データベースの中にあるたくさんのモデルの中から形が似ているものを簡単に探し出すことが可能です。

これまでに行った設計や製造ノウハウを再利用することができるため、生産性向上に貢献します。

今回開発の連携オプションは、「SOLIDWORKS PDM」クライアント上で類似形状検索を行うと形状が似ている順に部品が表示されるというものです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

スマート・スケープ株式会社 プレスリリース
https://www.smartscape.co.jp/news/20200914/

「生産性向上」のポイント資料
特に「生産性向上」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
「品質改善」のポイント資料
特に「品質改善」における重要なポイントをお伝えする、無料ダウンロード資料を掲載しています。ぜひ貴社のより良いものづくりにお役立てください。
資料を見る
受付時間:平日 午前9時~午後6時